2009年08月30日

国政選挙

いよいよ本日は衆議院選挙の投票日ですね。

どこの党に投票するかは、なんとも迷うところですが、とりあえず自分自身の判断で決められるということでは、日本は健全な選挙が行われている国と言っていいのだと思います。

ただ、我々に入ってくる情報をどこまで自分たちでしっかり吟味するかが大切なのですが…

どの政党も、自分たちのマニュフェストこそ正しいのだ、と声高に叫んでいますが、全てが丸く収まるような都合のよい政策などある訳もなく、かと言って国民に対して厳しい我慢を強いるようなアピールでは票が取れないし…

私としては、どこまで一般国民に目を向けた政治をしようとしているのか、をしっかり見極めたいと思っています。

今回、政権交代が行われることになるのかもしれません。
戦後、自由民主党が政権与党として日本の発展に寄与してきたことは間違いないのでしょう。

しかし、その主眼は『経済的な発展』こそが国の発展という理念であったように思います。
事実、戦後の日本にはそれが何よりも優先されることだったのでしょう。

結果的に我々国民が得たものも失ったものもあると思います。
これから我々は、何を求め、何を手放すのか…
その答えを持つ政党はどこなのか…

うう〜ん…たらーっ(汗)

能書きはこれくらいにして、まずは、ちゃ〜んと選挙に行かないとねモバQ

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 06:49 | 🌁 | Comment(1) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする