2009年07月18日

ゲシュタルト・セラピー

今日、仕事から帰ると、アマゾンから本が届いていました。

実践・受容的なゲシュタルト・セラピー 岡田法悦【著】

実践・“受容的な”ゲシュタルト・セラピー―カウンセリングを学ぶ人のために

実践・“受容的な”ゲシュタルト・セラピー―カウンセリングを学ぶ人のために

  • 作者: 岡田 法悦
  • 出版社/メーカー: ナカニシヤ出版
  • 発売日: 2004/11
  • メディア: 単行本




今月と来月に、産業カウンセラー協会の「ゲシュタルト・セラピー」のワークショップが延べ4日間行われ、それに参加する予定です。
私は、ゲシュタルト療法に関する勉強を殆どしたことが無いため、推薦図書として紹介されていた、岡田法悦さん(今回の講師を務めていただく先生です)の本を買ってみました。

まだ、ほとんど読んでいないのですが、いきなり、来談者中心療法とゲシュタルト療法のアプローチの違い等などが書かれていて、なかなか興味深いものがあります。

2,500円(税別)もしたので、お風呂本の仲間入りにする訳にはいきませんが、一週間後の研修までには、しっかり読んでおこうと思っています。
勉強仲間のじゃあああまんさんにも久し振りにお会いできるようなので楽しみです。

研修の案内に「カウンセリング場面に応用できるよう、理屈より体験を通じて学んでいただきます…」とありました。

私は体験学習が最も自分に合っているように感じています。
どんな学び方が自分にとって最も効果的なのか…

竹内成彦先生のブログhttp://kokorowith.seesaa.net/article/123585416.htmlにヒントがあるかもしれません。
興味がある方は、一度ご覧になってみて下さい。

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 01:30 | 🌁 | Comment(3) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水筒男子はマイボトル

サーモス水筒A.JPG サーモス水筒@.JPG
 

前から、保温・保冷の出来る、ちょっとお洒落な水筒が欲しいと思っていました。
職場には冷蔵庫があり、毎日パートさんが冷たい麦茶を作ってくれるのですが、私は緑茶が好きなので家からペットボトルに緑茶を入れて持参しているのです。
ただ、やはりペットボトルの使いまわしは少々恥ずかしく、普段出かける際に持ち歩けるような洒落た水筒が欲しかったのです。

色々調べてみると、サーモスというメーカーのケータイマグシリーズがとても評判がいいようなので、これを買うことに決めて、早速、岡崎のアピタに行きました。

店員さんに聞いて水筒コーナーに行ってみると、目移りするほどたくさんの水筒が並んでいます。
お目当てのサーモスの水筒もいくつかの種類のものが並んでいました。

少し迷いましたが、500ml入りのケータイマグシリーズのバニラ色(白色です)にしました。

毎日の仕事にはもちろんのこと、車のカップホルダーにも収まるので車内で使ったり、自転車のボトルホルダーに付けてサイクリングにも使えそうです。
スターバックスでは、マイボトル持参の場合、20円の値引きをしてくれるとも聞きました。本当かどうか今度試してみようと思っています。

サーモスの水筒(最近ではマイボトルと言うそうです)は、今日初めて使ってみたのですが、評判どおりなかなか使い心地が良いです。
保冷力も、朝入れた氷が、17時間後の今でもまだしっかり残っています。

私は人並み以上に汗をかくし、尿管結石予防のため出来るだけ水分をたくさんとるようにしているので、ついついコンビニでペットボトルの飲み物を買ってしまうことが多かったのですが、サーモスの水筒を買ったことで、少しは無駄な飲み物を買うことがなくなればいいなぁ…と思っています。

残念ながら明日は仕事ですが、明後日は天気が良ければ、水筒に冷たいコーヒーを入れて、久々に自転車で遠足に出かけようと思います。

やはり遠足と言えば水筒ですよね〜わーい(嬉しい顔)

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:43 | 🌁 | Comment(0) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする