2009年05月31日

パステルアート体験講座

私が会員になっている、日本産業カウンセラー協会から、中部支部の会報誌が送られてきました。

その中に「学びのページ」という会員研修の案内があるのですが、7月と8月に二日間づつ、延べ4日間をかけて実施される【ゲシュタルト療法】のワークショップの案内が載っていました。

ゲシュタルト療法に関連する本は読んだ事があるのですが、頭で理論を理解して実践できるようになるものではないので、機会があれば体験学習で学んでみたいと思っていたのです。
申込みはまだ少し先ですが、受講しようと思っています。

カウンセリングの勉強は、理論的な事はある程度、独学が出来ますが、やはり各種のワークショップや体験学習などで実際に肌で感じる事が必要不可欠だと思います。

私がボランティアで関わっている竹の子会でも、6月14日(日)にパステルアートの体験講座を行います。
興味のある方は、こちらのホームページの「パステルアート体験講座」からお申し込み下さい。

ちなみに講師を務めてくださるのは、愛西市でカウンセリングルームを開いておられる渡辺弘子先生です。
楽しくパステル画を描きながら、心についても学べる暖かい雰囲気の講座なので、カウンセリングに興味がある方だけでなく、幅広く参加していただきたいと思います。
渡辺先生のホームページはこちらです→カウンセリングルームmine

尚、定員25名となっております。
参加ご希望の方は、お早めにお申し込みください。
にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:55 | 🌁 | Comment(1) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

息子の試合

昨日は、高2の息子の柔道の試合が愛知県武道館で行われたので、送迎を兼ねて見に行きたかったのですが、私は仕事だったため妻が代わりに行きました。
カーナビの案内で車を運転して行ったのですが、妻は普段、豊田市と岡崎市近辺しか運転しないので、ぐったり疲れて帰ってきました。

試合の結果は、1回戦で判定負けだったそうです。
先に技ありを取られ、その後、有効を取り返したものの負けてしまったようです。
まぁ、息子の実力はなんとなく想像がついているので、1本負けしなかっただけでも大したものです。

我が家の二人の息子は、小学校の頃ずっと豊田市の柔道教室に通っていたのですが、どうにも嫌だったようで、上の息子が中学に上がる時に二人とも止めてしまいました。
特に上の息子は仮病を使って休むほどだったので、私もしかたがないと思っていました。

それがどういう訳か、高校に入学してから柔道部に入ったのです。
と言っても、部員が僅か3名(その後1名退部)の超弱小柔道部だったのですが、今年の4月に新入部員が5名入部して、なんとか柔道らしい練習が出来るようになったと喜んでいます。

根性も体力も運動神経も人並み以下の息子ですが、超弱小柔道部だったおかげで退部せずに頑張ってこれたのです。
また、週に1回、部外指導員として教えに来てくれている先生がいるのですが、とても丁寧な指導で、しかもほめ上手な先生らしく、指導を受ける日の練習はきついけれど楽しみにしているようです。

最近、弟が剣道の初段を取った事が影響しているのかも知れません。

私ももう一度、しっかり身体を鍛えたいと思ったりするのですが、なかなか実行に移す事が出来ません。
やりたい事はたくさんあるのですが、頭も身体もついてこない今日この頃です。

少しづつでも頑張りたいなぁ…


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:19 | 🌁 | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする