2009年05月12日

本屋さん

ずいぶん日が長くなりましたね。ひらめき
今日は早く仕事が終わったら、家に帰って食事をして、お風呂に入ってから本屋に行こうと思っていたのですが、仕事の会議が長引いてしまい出かけるのは止めにしました。

以前は休日に本屋のはしごをするほど本屋好きだったのですが、最近では月に2〜3回しか行かなくなってしまいました。

理由はいくつかありますが、ひとつはアマゾンで簡単に色々な本が買えるようになったことです。
特に、カウンセリング関係の高い本も、アマゾンで中古のものが安く買えたりするので、本屋で取り寄せるよりも、最近はアマゾンを利用することが多くなりました。
ちなみに、中古の本に抵抗がある人もいるようですが、私は全然平気です。

もう一つの理由は、面白い本屋が少なくなってきたこと。
名古屋などに行けば違うのでしょうが、地方都市周辺では、近頃は個人経営の本屋はどんどん姿を消して、郊外型の大型書店ばかりになってしまいました。
こういった書店は、一見何でも揃っているようですが(事実一通りの品揃えはあります)、どうしても同じような品揃えになってしまうので、面白みに欠けるのです。
その訳は、取次店(本の問屋さん)から委託されている本のセットが棚のほとんどを占めていることにあります。
結果的に、どこの本屋も似たり寄ったりになってしまうのです。

かつての個人経営の本屋は、店主や店員さんの趣味や嗜好、あるいは、「この本を読んでもらいたい」という思いで棚が作られていて、それぞれが個性的な店づくりをしていたのですが、いろんな理由(☆ックオフ等の影響や活字離れ)で、そういった小さい本屋がどんどん閉店してしまい、結局残ったのはチェーン展開の大型書店ばかりになってしまったという訳なのです。

子供の頃、寝る間も惜しんで本を読んでいた(勉強ではなく本を読んでいたのです)私ですが、最近はめっきり読まなくなってしまいました。

先日、心の相談室withの竹内先生から「本を読むことは食事と同じで、一々何を食べたかなんて覚えていなくても、気が付いたら自分の血や肉になっているものなんですよ」と言われ、まさにその通りだと感心しました。

自分が本屋に行かなくなった理由をあれこれ考えてみましたが、結局は本当の理由は自分自身の中にあるのかもしれませんね。

明日こそ久しぶりに本屋を覗いてみようと思います。

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:32 | 🌁 | Comment(3) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする