2009年04月20日

4月19日の日曜日 パートU

昨日の日記の続きです…晴れ

カウンセリング基礎講座と、定例会が終わった後、会長のSさんに車で送ってもらい、久しぶりにお昼を食べに行きました。

カウンセリングの勉強のこと(Sさんはパステルアートを学んでいます)や、会の活動についての話題から、お互いの近況などについて話したのですが、やはり昨今の不況の影響もあり、仕事上の切実な話題になってしまいました。

お互いに組織に身を置いているので、個人の力だけでは如何ともし難い問題が多く、これといった解決策が無いのが辛いところですが、それでもこうして話が出来る仲間がいることは、有り難いものですね。

「GWには、のんびり遊びに行きましょう」と言って、別れました。

家に帰ると、携帯にメールが入りました。
実は、先週、三好町で剣道の形の試験を受けた次男が、今日は、安城の体育館で、実技と学科の試験を受けているのです。
送迎のため、一緒に付き添っていた妻からの連絡でした。

「初段、合格したよ」

ちょっと嬉しい知らせでした。
中学3年の次男は、体力も運動神経もある方ではないのですが、それでも中学に入ってから剣道を始めて、1年生の時は、練習についていくのもやっとの状態だったのですが、辞めずに頑張って、とうとう初段を取ったのです。

帰ってきた息子に、「よく頑張った、えらいなぁ」と声をかけてやりました。

努力しても報われないことも多いのが人生ですが、こうして努力した結果が実を結ぶ経験が、辛い時に自分を支えてくれることがあるような気がします。

一緒に試験を受けた仲間の部員たちも、みんな合格したそうです。
全然勉強をしないのが、親としては心配なところですが、いつも友人たちと一緒に遊んだり、厳しい顧問の先生への不満を言い合っている息子を見ると、なんだか安心してしまいます。

「これから人生色々あるけど、それでも楽しめよなかわいい

口には出しませんでしたが、そう息子に声をかけました。
にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:49 | 🌁 | Comment(1) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする