2009年01月05日

冬休みの宿題

正月休みも昨日で終わり、今日が仕事始めでした。

高校生と中学生の息子たちは、あと2日ほど休みがあるようですが、相変わらずというか、当然というか、冬休みの宿題が山ほど残っているようです。

上の息子などは今朝になって「お雑煮の写真を撮りたい」などと言い出し、私も妻もさすがに呆れてしまいました。

宿題で「我が家のお雑煮」を写真つきのレポートで出さなければならないようなのですが、なぜ今頃になって言い出すのか?
あれほどお雑煮を食べていたのに・・・う〜ん理解に苦しみます。

息子の宿題のために作ったお雑煮

結局、残り少ないお餅でお雑煮を作り、デジカメで写真を撮って、とりあえずは「これにて一件落着」となりました。

それにしても子供っていうのは、父親と母親のそれぞれ似て欲しくないところが似てしまうんだなぁ・・・と、しみじみ感じてしまいます。

夏休みや、冬休みになるたびに、宿題は計画的に少しづつやっていこうと思いながら、いつも最後の2日〜3日になって、慌てていた自分を思い出し「やっぱり親子だなぁ・・」と、へんに感心してしまう自分です。

宿題のめどが立ちすっかり余裕の息子




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:36 | 🌁 | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする