2008年12月15日

性格のお話

今日は、ボランティアとして私が関っている、とあるカウンセリング関連団体の忘年会(お酒なしの食事会)でした。

豊田市で開業カウンセラーとして活躍されている『竹内先生』を囲んで、我々スタッフとの総勢11名での忘年会です。


席上では、性格分析の観点から見た、先生オリジナルの「スマップ活躍の謎」が語られ、そこからどんどん性格についての話が展開されました。

大人性格の人と子供性格の人。

世話を焼きたがる人と世話を焼いてもらいたい人。

叱られて伸びる子供と褒められて伸びる子供。

嫌いな人と付き合わないほうがいい人と嫌いな人とも付き合ったほうがいい人。

難しい心理学のお話も、竹内先生が話されると、とってもわかり易く、かつすんなりと頭に入ってきます。

「大人性格の奥さんと、子供性格の旦那さんの場合はこんな夫婦になると円満にいくよ。」

などのお話に、何度も何度も「な〜るほど・・・」と頷いてしまいました。


難しいことを難しい言葉で話す人は多いですが、難しいことを易しい言葉で楽しく聞けるように話される方は少ないです。


性格とは、エゴグラムのPがどうして、CとAがこうなって・・・
等と言われても、なかなか実感として理解しにくいものです。


プロのカウンセラーのスーパーバイズも行なっている竹内先生ですが、超多忙のなかでも、未だに他のカウンセラーの講演やカウンセリングの研修、ワークショップなどへ積極的に参加して、日々の研鑽を怠らないことは知られざる事実です。


とても楽しい忘年会でしたが、自身の勉強の足らなさと、本物のカウンセラーになることが、まだまだ遠いイバラの道のりであることを、改めて思い知った一日でした。


竹内先生、そして竹の子会の皆さん、今年一年お世話になり、ありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。






タグ:性格

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:44 | 🌁 | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする