2021年01月24日

続・好き嫌いについて

KIMG0213.JPG


前回のブログ

人の好き嫌いがあるのは当たり前。

皆を好きになるとか

皆に好かれたいと思うのは

非現実的なのだ、と書きました。


しかし、それが良いとか悪いとか

そういうことではありません。


誰とでもよい関係にならなければいけないと

不毛な努力や我慢をしたり。

そのことで、自分を責める必要はないよ。

ということです。


私は他人に自分を理解して欲しいとか

自分の全てをわかって欲しいとか

そんな欲求があまりないので

余計にそう思うのかもしれませんね。


人は誰もが長所短所、良い面悪い面を持っています。

一般的な「善人」や「とても良い人」であっても

それはそれで付き合いにくく感じたり

ずっと一緒にいると

なんとなく落ち着かない気分になることもあります。

やはりそこは自分と相手の相性というものがあるのでしょう。


人の性格による相性というものは無い。

私が性格について学んだ際

先生からそう教えられました。

確かにそうなのだろうと思いますが

それはあくまで「その人が成熟した人格」であればこそ。

未成熟な部分では性格のマイナス面が出やすく

それについての相性はあるのではないか。

そう思います。


そして世の中の多くの人たちは

大人になっても

家庭を持っても

お金持ちになっても

社会的地位を得ても

人として未熟な部分をたくさん抱えていて

やっぱり気持ち的に

虫が好かない相手がいたり

自分がそう思われたりするんだろうなあ。


最近は他人と接する機会がめっきり減った私は

人の悪口を言うことも少なくなり

それはそれで寂しいものだと感じる

今日この頃なのです。(笑)



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 18:14 | 愛知 ☔ | Comment(0) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好き嫌いについて

KIMG0207.JPG

アウトドア遊びが大好きな私なので

雨が続くとテンションが下がります。

しかたなく図書館で本を借りてきて読んでいます。


新装版 コインロッカー・ベイビーズ (講談社文庫) - 村上 龍
新装版 コインロッカー・ベイビーズ (講談社文庫) - 村上 龍

女のいない男たち (文春文庫) - 村上春樹
女のいない男たち (文春文庫) - 村上春樹


村上春樹の作品はいくつか読みましたが

途中で挫折することが多いです。

今回もたぶんそうなりそう。(-_-)

なんとなくの印象なのですが

インテリっぽいというか、気取ってるというか

よく言えば都会的なんでしょうね。

まあはっきり言って好みじゃないです。

私はもっと泥臭い小説が好きなんだと思います。


好き嫌いというのは理屈じゃないところがありますからね。

人間関係なんかとくにそう思います。


人を嫌うということは

ネガティブでマイナスなこと

と捉えがちですが、

皆と仲良く

皆に好かれる

話せばわかる

などということは非現実的です。


自分で言うのもアレですが

私は表面的にはクセが少なく

だいたいいつもヘラヘラしているので

どちらかといえば

人に嫌われにくいタイプですが

だからと言って

皆に好かれているとは思いません。

もちろん私も嫌いな人はいます。

そんなの当たり前のことですね。


世の中、嫌いな人、嫌な人だらけ

という人も

どこか歪んでいる気がしますが

皆を好きになりたい

皆に好かれたい

話せば必ず誤解は解ける

と本気で思っている人も

ちょっとどうかなあ・・・


ただ、皆と心を通じ合えるというのは無理でも

この人とは信頼し合える

この人には心を開ける

そんな相手がいるということは

とても大切なのだと思います。


人間相手が無理というなら

せめて犬猫(動物)と心を通わせましょう。(笑)

KIMG0186.JPG




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 10:11 | 愛知 ☔ | Comment(0) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月17日

浜の真砂は尽きるとも世に悩みの種は尽きまじ

KIMG0104.JPG


先日、友人と自然道を歩きました。

お互いの近況や趣味のこと。

それぞれに抱えている悩みのこと。

久しぶりにいろいろ話ができました。


KIMG0206.JPG


ずっと若い頃はこんなことを考えたこともあります。

修行を積んだり、学んだり、経験したりすれば

悩みのない、悩みを超越した

悟りのような境地が得られるんじゃないか。


KIMG0177.JPG


で、結局は

修行も、学びも、経験も足りなかったのか

いまだにたくさんの悩みを抱えて生きています。


ただ、人の心理やカウンセリングを学んだことで

ひとつだけ気付けたことがあります。

それは

人は皆悩みを抱えて生きている、ということ。

そして

自分らしく生きたいと願う人ほど

その悩みをしっかり抱えている。

悩むことは生きること。

生きていればこそ悩みがある。

そんな気がします。


KIMG0149.JPG


どうせ悩みの種は尽きないのだから

明日も明後日もいろんな悩みを抱えながら

しっかり飯を食って

しっかり体を動かして

悩んで生きるしかないなあ・・・



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:07 | 愛知 ☀ | Comment(0) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コロナのこと

KIMG0197.JPG


地域活動に参加するのも生き方の幅が広がるのでは。

と、まあそこまで立派な気持ちではありませんが

3年ほど前から地域でスポーツ関連の委員をしています。

先日その委員会に出席しました。


今月にはウォーキング大会が予定されていて

その打ち合わせも兼ねていたのですが

直前になって中止することに決定しました。

これで今年の活動は全滅です。

残念ですが仕方ありませんね。


私の住む豊田市でも

毎日10〜20名以上の感染者が出ているようで

もう、いつ誰が感染してもおかしくない状況なのです。


医療体制の崩壊とか、経済の問題とか

様々なイベントへの影響等々。

他にもいろいろな問題がありますが

そうした具体的なカタチに見えない部分でも

なんとなくの閉塞感、不安感といったようなものが

私たちの心に澱のようにどんどん溜まっていく。

そんな思いがしています。


KIMG0204_01_BURST1000204_COVER.JPG


いつかコロナ渦が終息(収束)したとしても

世の中も私たちも

「元に戻る」ということはないんだろうな。


コロナを乗り越えるということは

新しい世の中をつくるということしかないのだと

そんな気がしています。



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 11:31 | 愛知 ☁ | Comment(0) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月13日

冬の晩御飯

KIMG0170.JPG
☆シンプルな料理ばかりでとても参考になります☆


昨年秋から嫁のパート先が忙しくなり

2時間延長で働いていましたが

今年になってさらに30分の延長となりました。

いまや我が家の現金収入は嫁だよりなので

無職の私は主夫業に専念しています。

といっても晩御飯づくりだけなんですけどね。



去年の暮れに一人用の土鍋を買い足しました。


KIMG0203.JPG


味噌煮込みうどん、ピーマンの塩昆布和え、煮豆。

煮豆も含めて漬物以外は私の手づくりです。

ピーマンの塩昆布和えは超簡単で美味しい。(^o^)/

薄く輪切りにしたピーマンを熱湯で30〜40秒茹で

湯きりして塩昆布と和え、ごま油少々、白ごまパラパラで完成。

ちゃんとしたレシピがいろいろアップされているので

ピーマン好きな方はぜひお試しください。🎵


KIMG0205.JPG


今日は湯豆腐とイワシの丸干し。

嫁は青魚が苦手なので鮭を焼きました。

ご飯は雑穀を少し混ぜて炊いていますが

もうすぐ五分づき米に変わります。


最近は肉より魚を心掛けていますが

私と嫁だけならこれくらい質素な晩御飯で十分。


年明けから寒さが厳しくなり

雨が降ったりして

山歩きもちょっと休みがちなのです。

いよいよ食事を改善しなければ

ますます太ってしまうと少々焦り気味。(ーー;)


その前にまずは夜のおやつをやめないとね・・・





にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:23 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月06日

お正月映画の思い出

令和3年1月6日。

今日から次男も嫁も仕事です。

私は4日にハローワークに顔を出しました。

失業保険の支給はまだ先なので

それまでに仕事を始めるかもしれませんが

今のところは無職生活を継続しています。


KIMG0180.JPG


今年1回目の映画鑑賞に行きました。





『新感染半島 ファイナル・ステージ』


韓国映画でゾンビ映画でパニックホラー映画です。

この映画は4年ほど前に公開された

「新感染 ファイナルエクスプレス」の続編ですが

こちらをネット配信で観てなかなか面白かったので

今回の新作は映画館で観てみたのです。


新作はスケールアップされてアクションも派手でしたが

前作の方がストーリー的にはよかったかな。





ハリウッド大作が軒並み公開延期なので

消去法で選んだ映画ではありますが

韓国映画は良い意味で泥臭さと勢いがありますね。

けっこう面白かったです。🎵


韓流ドラマはネット配信でも観たことがなく

どちらかといえば興味の範疇には無かったのですが

これを機会にちょっと観てみようかな。

そう思わせるような今回の映画鑑賞でした。


KIMG0182.JPG


映画の後は同じ商業施設内のスガキヤで

久しぶりのスガキヤラーメンを堪能しました。

変わらぬ味です。


中学生の頃は、毎年お正月に

友人と連れ立って岡崎市の康生通りに出かけ

映画を観た後、スガキヤでラーメンを食べるのが

毎年の恒例となっていました。

当時はメトロ座、スカラ座、岡崎東宝、東映、岡崎劇場など

単館上映の映画館がたくさん立ち並び

商店街として賑わっていた岡崎康生通りですが

今はシャッター通りと化して久しく

当時を知る西三河のおじさんおばさん世代は

寂しさを感じる人も少なくないと思います。


懐かしのスガキヤラーメンは

そんな当時を思い出させる味でした。



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 09:01 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 映画の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月03日

自然道を歩くこと

KIMG0177.JPG


年が明けてからも毎日歩いています。

よく歩くのは岡崎市中央総合公園の

「健康の森散策路」という自然道。


KIMG0024.JPG


自宅からは車で20分強とアクセスもまあまあ。

なにより適度な起伏と自然に囲まれた雰囲気が

ちょっとした山歩きという感じで好きなのです。


KIMG0179.JPG


平日でも、多くも少なくもない程度に

ここで山歩きを楽しむ人たちがいて

けっこうな年配の方々もよく見かけます。

自分より年嵩と思われる人たちが

思い思いのスタイルで

それぞれのペースで

元気に歩いているのを見ると

なんだかこちらも嬉しくなって

なんとなく私も元気が出るのです。


すれ違いや追い越す際には

「おはようございます」「こんにちは」などと

自然に挨拶を交わすのですが

これもまたなかなか気分がいいものです。


他にも私が好んで歩く場所がいくつかあるのですが

最近はこの「健康の森散策路」ばかりを歩いています。


KIMG0103.JPG


時には少し走ったりもしているのですが

ダイエットのためにはもう少し負荷をかけないと

なかなか効果が出てこないようなので

今年はコースを伸ばしてみようかとも思っています。


まあダイエットには食事の量と質の方が

運動よりももっと肝心なのですけどね。(^^;




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:47 | 愛知 ☀ | Comment(2) | アウトドアで遊ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月01日

新年のご挨拶

KIMG0172.JPG


あけましておめでとうございます

今年もどうぞよろしくお願い致します



KIMG0173_01_BURST1000173_COVER.JPG



今日も毎年恒例のウォーキング初詣に出かけました。

岡崎市の岩津天満宮と真福寺です。


KIMG0174.JPG


楽しみにしていた甘酒のふるまいも

コロナのために今年はありませんでした。

ちょっと残念ですが仕方ありませんね。

参拝客もかなり少なかったような気がします。

来年の初詣は多くの人出で

皆が笑顔の元旦になってもらいたいですね。

ちなみに今年初のおみくじは

私も嫁も大吉でした。

おそらく私はここ4年か5年連続で大吉です。

うーん・・・大吉続きで逆に気になる。

でもここは素直に、せっかく頂いた今年の運で

目一杯頑張っていきたいと思います。



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 20:13 | 愛知 ☀ | Comment(4) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月31日

令和2年〆のブログ・〆の感謝

KIMG0168.JPG


今年は、いや「今年も」ですね。

多くの人たちにお世話になり

たくさんの迷惑もかけ

そして助けてもらった一年でした。


皆さんどうもありがとうございました。


コロナ禍はまだまだ続きそうです。

人と人とのつながりが

見えないウィルスで分断され

どんどん暗い世の中になっていく。

そんな思いがありましたが

多くの人たちの創意と工夫と努力で

きっと乗り越えていけるだろうな。

今ではそんな気持ちに変わりました。


KIMG0169.JPG


皆さん、今年一年お疲れさまでした。

来年も一緒に頑張りましょう。



令和二年大晦日の夜

おやじカウンセラー




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 19:47 | 愛知 ☁ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

令和2年〆のブログ・家族のこと

KIMG0132.JPG


ちょっと前にPCの不調をなんとか改善した際

同様に調子が悪かったプリンターも直しました。

具体的にはヘッド部分を外して水洗いするという

故障覚悟の禁断の超裏技です。

結果、再び使えるようになりました。(笑)


試しに昔の家族写真などを印刷して

100均の額に入れ、壁に飾ってみました。


フィルムカメラからデジカメに替えてからの写真は

PCに年度別に分類してデータ保存してますし

今ではスマホで撮った画像をPCに移しています。


スマホカメラの良いところはとにかくいつでも

好きなだけ写真を撮れることですが

それを印刷してアルバムに綴じることがなくなりました。


昔の家族写真を見ると私か嫁のどちらかが欠けていて

親子4人で写っている写真は多くありません。

どちらかはカメラマンなのでそうなるのですね。


この年末年始、同居の次男は家にいますが

県外在住の長男は帰省するかまだわかりません。


二人の息子が子供の頃は

元日に私の姉家族が我が家に来て

二日は嫁の実家に家族で顔を出し

にぎやかなお正月を過ごしていましたが

今はそういうこともほぼなくなりました。


まあ寂しくなったというよりも

私と嫁で静かにのんびりお正月を過ごせる。

そんな気持ちの方が強いです。


今思えば、家族皆が同じ家に住み、ご飯を食べ

あちこちに出かけて同じ時間を共有する時期なんて

子供が生まれて自立するまでの

本当に短い間だったのですね。


今は同居している20代半ばの次男にも

30歳までには家を出てもらうつもりです。

それでようやく親子の自立が出来ると思っています。


昔の家族写真を眺めながら

そんなことを考えてみた大晦日です。



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 19:15 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする